上飯坂真  〜光と影の写真撮影ノート〜

フォトグラファー上飯坂真のウェブサイト | 写真やカメラマンの撮影仕事のこと

物を撮影する 〜スチルライフカメラの基本〜

物を撮影する

f:id:marcoporlo:20180802105553j:plain

 

 

<概要>

 

物をよく観察して特徴や機能を知る

 

商品を撮影する時に、かわいらしくとかかっこよく撮りたいと思うのは必然ですが、まずはその物(商品)をよく観察してなにが特徴なのか、どんな機能があるのかを詳細にしることです。  その場に開発者や作った人がいれば説明をしてもらうのもいいでしょう。 それを聞いた上でさらに物(商品)を見ればまた違った見え方があるかもしれません。

 

f:id:marcoporlo:20180802105640j:plain

 

物の特徴をおさえつつどの角度から撮影するかを決める

 

商品の特徴や機能があたまに入ったら、そのことを考慮してどの角度から撮影するかを考えます。商品のよく見える角度と特徴がよく見える角度が一致していればそれで撮影すればいいのですが、それぞれが違う時はどちらを優先するか

そしてその割合をどれくらにするのかを考えて写真にするといいでしょう。

 

f:id:marcoporlo:20180802105725j:plain

光の当てる角度を考える

 

物に当たる光の角度によって、その物の見え方も変わってきます。正面から光を当てれば商品の詳細までよく見えますが、全体が平面的に写ります。 次に横から商品に光を当てると、半分がシャドーになり凹凸のある商品では立体感がだせます。  さらに後ろから光を当てれば、商品の前面はシャドーになりますが、フォルム(形)が浮かび上がって見えてきます。

 

f:id:marcoporlo:20180802105806j:plain

 

 

 

 

物を撮影するのページ

 

marcoporlo.hatenablog.com

 

f:id:marcoporlo:20180731163909j:plain

 

TOP

写真撮影ノート

ABOUT

お問い合わせ